関東もこれから梅雨明けし、夏季天王山になりました

関東も7月28お天道様にこれから梅雨明けしました。梅雨明けには主に2つの規定があるようです。一つは、夏場の高気圧です、太平洋高気圧が強まり、梅雨前線を北に押し上げ、梅雨明けする規定だ。こういう規定が断然多いそうです。もう1つは、梅雨前線が弱まって赴き、消滅する規定だ。前者は、梅雨明け後、いわゆる「梅雨明け10お天道様」で、安定した夏場空と著しい暑さが貫くようです。後は、安定した夏場空が続かず、雲がのさばることがあるそうです。今年は後の規定ですようです。梅雨明けしたお天道様、私がいるところではほとんど一心に晴れず、雲がプラスだったような気がします。
1か月予想で関東は、温度は「例年程度」または「おっきい」ですが、日照ひとときが「例年程度」または「数少ない」ようです。
今年はかなりの猛暑になると言われていましたが、関東に関しては、現在、そこまで暑くないような気がします。7月20お天道様から27お天道様にかけて、都内で特別温度が30度に届きませんでした。二十四節気で「大暑」のお天道様です22お天道様は、特別温度が25度にすら届かず、涼しかっただ。
冷夏ではなくとも、雲がひろがり易い夏は、いわば地味な感じがします。しかし、晴れてばかりでも、水不足などに結びつき、困ります。日本晴れのお天道様が手広く、曇りや多雨のお天道様もあり、暑いお天道様ばかりではなく、涼しめのお天道様も居残る夏場が良いような気がします。