一人だと、いつも同じものを食べるってのは味音痴かも

今は、結婚していないので(といってもこれからも多分しないだろう)母と2人暮らしです。母から、料理ぐらい出来ないと…ということで母が旅行中に料理に挑戦してみようとしたんだけど、もうめんどくさくていつも同じものを食っていた。一度なにかの料理を覚えるとそればかりってことが多いのである。こりゃー一人になったら、そうとう食のバランスが崩れてすぐに病気になるな思うのですが、多分作り物を買ってきて電子レンジでチンって状態から永遠に抜けられないだろうなと思う。
さもありなん、1人暮らししていたときは、こうだってし彼女が出来たときも貴方っていつも同じものしか食べないわねって呆れられたものだ。そりゃー最初のデートぐらいはちょっとしゃれたレストランで、高いものを注文したことがあったがそれほどうまいと思わなかったし、もしかしたら味音痴なのかもしれない。
苦手なものは、納豆やブルーチーズなどの匂いのきついものと辛いもの以外は何でも食えるから…

義理のお義父ちゃんと養鯉場所で更紗和金を入手

60cmの水槽を立ち上げ、うっすら緑色の青水が完成したので、生体を購入しに地元の養鯉立場へお義父ちゃんと出向きました。
なぜかというと、近所のホームセンターのペット先の魚たちはなんだかエネルギーが無く、病気に因る個体も多いので、
わざと視線の利くお義父ちゃんを連れて、行ってきたわけです。
養鯉立場でもメダカや金魚も豊富に置かれていて、その中で、三尾の更紗和金が潤沢納入されていて、一目ぼれして2尾を選んで帰宅しました。
帰宅してすぐさま水合わせを行い、水槽へ。ちょっと落ち着かないようなのでそっとして置きました。
今日は見てみると、水はひたすら緑色になってあり、個体が見えない状態に。
こりゃいくら青水が金魚にいいからといっても見えないのであれば鑑賞価値がないではないかと見なし、幾分ほど水替えを利用。
きれいな更紗構想。いやー癒されますねぇ。
いずれは大きな池で鯉を飼育したいと考えていますが、何時になることやらだねぇ。