1966時期以上イングランドの敗退はいつもの動向だ

ユーロ2016の凖々決勝でイングランドが誠に弱小国アイスランドに敗れたと知って、おいおいと思ったのですがまたかとも思いました。
1966時期W杯イングランドフェスティバルでの優勝先、インターナショナルネーミングにあまりに手が届かないイングランドでしたのでそれがいつもの形態だったからだ。
英のユーロ敗走のインパクトも結構はあるかもしれませんが、たとえ何でも人口30万人程度の小国アイスランドに負けたとなっては、単純に恥として、かつ世紀の大番狂わせとしてサッカー史に刻まれてしまうことは避けられないでしょう。
そうするとブラジルフェスティバルで一門ステージを敗退しながらなんだか責任も取らずにマネジメントの座に居座り続けていたホジソン氏も辞任しなければならないですから新マネジメントがやってくるのを待つのが楽しみです。
こういう収支を聞いて特に喜んでいそうなのが、2時期前のW杯ブラジルフェスティバルで7対1という大差でしかも表紙でドイツに敗れマネジメントの座から去った元ブラジルリーダーマネジメントスコラリ氏ではないかと思いました。ミュゼ Vライン 範囲

手作り端末作りました(希少だ)

友だちから10万でデスク最高峰PC作ってくれ、といった頼まれ箇所屋様に。5年ぶりに行ったのですが、マザーボードの規準が違う、CPUはやむを得ずあんなもんでいいか等。目下話題のSSD、応援電源要らずのグラフィックボード。新しいアイテムが一杯で自分も吐出したくなりました。さっそく料金と照らし合わせて、マザーボードは1万3千円の物を決定、CPUはペンティアムを選びました。諳記は2枚で4GBのトラブル、SSDは128GBで9千円席の物、グラフィックボードは低級カリキュラムの物、ケースはパッションコストパフォーマンスを考え中点タワー。電源は500wの物。走行はDVD-ROM走行を。さていちはやく組み。マザボをビスってネジでケースに置き、メモリ、CPUを取り付けます。不安なヒューマンはマザボに箇所を付けてから添えるといったOKです。CPUファンを揃える前に電熱座席をCPUに付けてあげます。シルバーグリースというのもありますが個々は座席派だ。ファンを取り付けたら電源をケースに備え配線します。グラボは応援電源要らずなので引き続きPCIEXPRESS×16にさします。次は走行といったSSDですがSSDはマザボに示すタイプなので問題ありません、走行も断然確立して終結だ。自分勝手組み技術ですのでこれを読んだヒトは自分に当てはまる組み技術を見つけてみて下さいね。